≪昇級レポート≫
小山 大稀 (白浜道場)  
 僕が極真空手に入門したのは、保育園の年長の時でした。最初のころは、稽古に行くのが楽しくて、稽古の日が待ち遠しいぐらいでした。でも、だんだんその稽古に慣れてくると、痛いし、しんどいし、出来ないこともたくさんあって、稽古に行くのが辛い時期がありました。その時は、諸岡先生をはじめ、先輩方に優しくして頂いたり、両親の励ましもあり、「やめるのは、いつでも出来るから、とりあえず続けてみよう」と思いました。そうして続けて稽古に通っていると、いつの間にか出来なかったことが出来るようになり、あれだけ嫌だった稽古も、苦痛じゃなくなりました。
 今思えば、小さな壁でしたが、その壁を乗り越えたら、すごく気持ちが良くなったのを今でもおぼえています。これから先、いくつもの壁が待っていると思いますが、一つずつ乗り越えて行きたいと思います。
 また、今まで大会に出て、いい成績を残せていないので、諸岡先生や先輩方に稽古をつけてもらって試合に出て、いい成績を残したいと思います。
 これからは、自分の事だけではなく、小学生の後輩達に、極真空手の楽しさやきびしさを、少しずつですが、教えていけたらいいなと思います。
 僕は、極真空手を習いはじめて、「努力は嘘をつかない」ということを学びました。
 まだまだ先には長い修業がありますが、あせらずに一歩一歩目標に向かって努力していきたいと思います。
 また、微力ながら諸岡先生の手伝いもして行きたいと思います。



小山 大稀さん (向かって右)
 
“和歌山支部史上最強の壮年部”
諸岡宏明先生 (白浜道場)


閉じる